in2007年初採集
デカ爪狂想局
爪隊
隊長 アニキ&副隊長 時ちゃん


《極寒採集記!!そのA》

 
 
                             ―目的地に到着!!―




車のドアを開け、おもむろに外に出てみると・・・・



 
 
ア 時「さっぶぅぅ〜〜〜!!」



 
 
さすがに年の瀬の山ん中は想像以上にさぶい!!



 
 
 
ア「なんじゃいこりゃ!さぶ過ぎるでぇー!!」



 
 
 
余りの寒さに一瞬たじろいだが、気を取り直して“目指せ85UP”と無理やり気合いを入れる・・・



 
 
アニキの方は早速気持ちが萎えた表情に・・・・




 
 
情けない・・・・




 
時「そんな顔をせんと、折角来たんやからこれからキバリなはれや!」
とアニキに活を入れる



 
 
写真@
野池前にてたそがれるアニキ



 
 
とりあえず時間をかけてゆっくりと周辺の様子を見る事に・・・・



 
 
時期的にもザリ穴探しが中心の散策・・・・




 
・・・が、なかなか見つからない





ポイントを変え、以前から仕掛けてあるカゴ網の様子を見にいく事に・・・・




 
それにしてもかなり風も強くて、寒いのなんの!!


 
 
 
私は動きやすくする為にも、着ている服は半袖Tシャツに薄手のトレーナーのみ・・・


 
 
 
 
 
これじゃまるで季節感の無い小学生とかわらんがな・・・



 
 
 
いや、実際やってる事は小学生以下だなこりゃ・・・



 
 
 
などとブツクサ言いながら、ザリ穴ポイントに到着・・・・



 
 
 
 
 
なにげにそばに置かれているバケツに目をやると・・・・




 
 
 
分厚い氷が張っておりゃんす!!



写真A
ひょえ〜〜〜!



 
 
 
ア「こんな状況下でもザリ採集に夢中になるのが爪隊たる所以なんですな〜」
(意味不明・・・)




 
時「じゃぁ、今日はその隊長のカッコいいトコを見せてもらうよ」







 
ア「・・・いや、いいよ。カッコよくなくて」
(すでにやる気なしの様子・・・)
(;´Д`)-3




 
 
とりあえず仕掛けてあるカゴ網を引き上げてみる・・・・




 
お〜、結構入ってんじゃん!!



 
 
しかしサイズはどれもいまいち・・・




 
 
大きいものでも60ミリ前後ぐらいしかない・・・





 
・・・とすると・・・




 
 
ア「あ、ザリ穴発見!結構デカい穴よ!」



 
 
アニキ、ザリ穴発見!
 
 




 
時「お〜っ!んじゃ、いっちゃって下さい、その右手でずぼずぼっと!!」




 
 
ア「・・・・・・やだ」



 
 
 
時「・・・え?なんで?」




 
 
 
ア「・・だって・・ちべたいもん・・・」




 
 
時「・・・は?何言ってんの、あんた隊長ぢゃないですか」




 
 
ア「隊長だから、僕が頑張るのは指揮命令だけよん」





 
時「・・・・・・・・。」





 
 
結局こうなる・・・・



 
 
 
仕方ないので私はザリ穴に腕を突っ込む為にトレーナーを脱いで半袖姿となり・・・




 
 
うっすらと氷の張ったザリ穴に右腕を突っ込む・・・・・


 
 
 
 
・・・・ずぼずぼ
 
 
 
 
 
 
時「イテテテ!冷た過ぎて手が痛いヨ!」



 
 
それでも突っ込む・・・



 
 
・・・・ずぼずぼ
 
 
 
 
 
 
さらに突っ込む・・・・




 
 
 
・・・ずっぽずっぽ
 
 
 
 
 
 
まだ突っ込む・・・



 
 
 
結構深い・・・



 
 
 
アニキは両手をポケットに突っ込みながら様子を見ている・・・・

 
 
 
 
 
ア「どお?何かいる?」




 
 
時「だめだめ。なんにもいない・・・もぬけのカラでっさ」




 
 
 
結局、肩まで腕を突っ込んだのになんにもいなかった・・・




 
 
その後もいくつかザリ穴を見つけては手を突っ込むの繰り返し・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
しかしどれも穴が浅く、なんにもいない・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
しばらくして凍付いた腕をさすりながら、ふと後ろを振り向くと・・・・




 
 
デカザリ穴ハッケ〜ン




 
今度のはかなり穴がデカい!



 
ザリ穴も入口の直径が15cmぐらいになる穴があって、そういう穴には当然それを掘るぐらいのサイズが入ってる
(例外も多々有りです)



 
 
この穴の大きさもそれ近くはありそう・・・





気を取り直して再度アタック!




 
 
・・・・ずっぽずっぽ



 
 
 
・・・・・ずぼずぼ





 
ア「どお?」




 
時「多分ザリの感触と思うけど、サイズはわからん」
(余りの冷たさに手の感覚がマヒしてサイズなんかわかりゃしない)


 
 
 
とにかくつかみ出す事に成功!




 
 
 
 
 
ちぃせぇ〜!!_| ̄|〇




おそらく穴を掘った個体とは別個体・・・


 
・・・・・残念。。


 
 
にしても余りの冷たさに手が完全にマヒ状態・・・・・




 
 
いつもは持ってきている手洗い用のポリ容器も今日に限って忘れてきてしまった・・・・


 
 
 
とにかく手を洗って温めたい・・・
 
 



 
 
どこかでなんか温かいものが欲しい・・・
 



 
 
 
余りの寒さにガタガタ震えながら立ちつくしていると・・・・




 
 
泥まみれになった私の手を見ていたアニキが・・・・



 
 
 
 
ア「そこのバケツのワリカシきれいな水で洗ったらいいやん」



 
 
 
 
時「ん?・・・どこで?」




 
 
 
 
 
ア「そこで」





 
 
 
 
 
 
 
ア「そこで」



 
 
 
 
 
 
 
 
 
ア「そこで」




 
 
 


 
 
時「・・・・・・・いや・・・・・・・このままで・・・・いいよ・・・・・」 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一瞬どさくさに紛れて池に突き落としてやろうかとも思いましたが・・・・・・

 
 
 
 
なんとかとどまった私は、しばらく歩いて公園を見つけ、手を洗うのでした。。
 
 
 
 
 
 
 
 
―結局、半日かけて凍った水に手を入れ続け、体を張ったものの・・・
 
 
 
 
 
 
 
収穫0!!
 
 
 
 
 
トホホ・・・・
 
 
 
 
 
なにやってんだか・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
車に戻ると、既にアニキはシートでお眠り・・・・
 
 
 
 
 
 
がっかりと疲れた極限状態の中で・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
帰り支度をしながら、私の脳裏に浮かんだのは
 
 
 
 
 
 
 
旦那がこんな事をしてるなど知る由も無い・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつもの妻と子どもの笑顔であった・・・・
_| ̄|〇
 
 
 
 
 
 
                        
 
 
                           ―終―




前のページに戻る

トップページに戻る