ザリガニ採集の心得!!の巻き

 デカヅメ狂想局
爪隊
副隊長 時ちゃん

巨爪ファンの皆さま〜!!

いつも当ホームページをご覧頂き、有難うございます。。

m(_ _)m

我々は相も変わらずザリ池をさ迷っておりまして・・・

まぁ、例年から言えば今年は奇跡的な当たり年だと思われます。。。

ゴッドハンド局長も仰っておりますが、通常であれば爪長70upもあればホントに採集が難しく、十二分に大型個体でありまして・・・

それがチラホラ採集出来てしまうもんですから、この様な年にはもう二度と巡り会わないと思っておりゃんす。。

しかしまぁナンですな・・・

私の仕事の都合でこれからの休みが土日では無く、平日が休みになってしまいまして・・・

ひょっとしたら局長との都合が合わなくて採集機会が減ってしまうのかも知れません・・・

こういう年に限ってこういうもんなんですな…

・・・ま、それはおいといて。。


実を申しますと・・・

我々の採集スキルが最近この上無く上がってきておりまして・・・

発見した個体のゲット率がほぼ100%にまでなっております・・・





ほぼ100%!!!



爪隊結成時でも既にかなりの経験は積んでいたつもりだったんですが・・・



それから更に経験を積んで参りました・・・

…自分達で誉め称え合っておりゃんす

(^^)(^^ )



・・・えっ?


・・・何ですか




・・・そうです。


ナンの社会の役にも立たない、世間様には恥ずかし過ぎて決して言えないスキルですとも。

そうですとも。。。

…えぇ、わかっております、ハイ

(T_T)




・・・ゴホン!!

え〜、、


でその秘訣とは・・・

局長のゴッドハンド!!&私の網捌き!!


そして二人で編み出した雑技団も真っ青な合体技!!


・・・とまぁ

参考にならない例はおいときまして・・・



それではご紹介致しますです・・・

コツは大きく分けて以下の通りでごザリます。。


まず一つ!

@      ザリ影に慣れろ!!

ザリが潜む水の中には色々な物が沈んでおります。


木の枝やゴミやらナンやら・・・


その中でザリが何処に潜んでいるのかを素早く見極める勘と申しますか、目と申しますか、その辺の経験が積めれば必然と捕獲数も上がって参ります。

・・・い、そうです、当たり前の事なんですが。。


潜んでいるザリは爪先だけとか一部分しか見えていない事も多く、その一部分からどれくらいのサイズのザリなのか、オスなのかメスなのかを瞬時に見極める目がないと、巨爪の捕獲数を増やす事も出来ません。。

二つ!

Aエサ釣りの場合はまず底を切れ!!

釣りエサに食いつかせる事は誰にでも出来ると思うのですが、そこから捕獲のし易い位置まで引っ張り出すには少々コツがいったりします。。


エサに食い付いたザリは安全に食事が出来る場所まで移動したがるのですが、その時に釣り上げようしても生意気にも踏ん張ったりして抵抗してきたりします。。


その踏ん張りも大型個体になると更に強力になって、こちらから無理に引っ張るもんなら、急にエサを放したりして反抗的な態度をとってきたりします。。



こちらに全然寄ってきませんのです、えぇ。



中々生意気な奴らなんですよ。。


まぁ、ここに多少コツがいりまして、そのままこちら側に無理に引っ張ってしまうと、先ほどの様にエサを放すか、もしくはエサ放しと同時にエビングまでしやがります。。

※エビングはエビの様に(エビなんですけど・・・)尾で水を弾いて逃げようとする動作の事を言っております。

あのビチビチするやつです。。。

適当な言葉が無いのと動きがエビに似ているので(エビなんですけど・・・)勝手にエビングとネーミングしております。。



なので出来るだけザリの位置から上方向に近い形でもって、ゆっくりと引っ張り上げる様にすると結構簡単に底を切る事ができちゃったりします。。


出来るだけザリを刺激しない様にしてエビングをさせない様に引き寄せるのが大切なんであります。。

又、エビングをされてもそれに合わせて自分の手首を上下に動かして、糸を送る様に操れると更にグッド!!

このあたり、うちの局長はまさにゴッドハンドなんですなぁ。。

ザリ影までのエサのフリッピングから食わせから寄せまで神業の如く巨爪が吸い寄せられます・・・

三つ!

A      ザリにエビングをさせるな!!

先ほどと被っちゃうんですが、皆様ご存知の様にザリはヤバいと感じたらすぐにエビングなる技で退避しようとしやがります。。

小型な奴らなら問題は無いんですが、大型個体にエビングをされると、水底の泥をかなり巻き上げられ、汚れで水の中が見えなくなってしまうんです。

暫くは周辺での作業が出来なくなってしまうんですな、ハイ。。

エビングをされると勿論場所も移動されてしまう為、何処に逃げたかも更にわかりません。。

如何にザリに刺激を与えない様にボーっとさせているうちに底を切って寄せてこれる結構大切で巨爪採集では重要な要素だったりするのでごザリます。。


もういっちょ!

C網採集の場合は常に網先を水面に浸けやがれっ!!

季節やその時のザリのコンディションにも因りますが、ザリの警戒心は意外と高いもんです。。

特に夜間採集の場合なんかは光に敏感に反応しやがります。。


懐中電灯のライトで発見してもすぐに光から離れて逃げようとするんですな。。


その為、エサ入れや網入れをする猶予は極数秒程度しかごザリません。。

滅多に見つからない巨爪の捕獲チャンスは一度きりと考えて常に敏感になっておいて下さいまし。。

まぁ、本当はアメザリは底抜けにバカなので、暫くしたら戻ってくる事も多いんですが…必ずそうとは限りません・・・

ですので特に夜間に懐中電灯と網で採集する場合、いつ発見しても瞬時に網を入れられる様に常に網先を水面に浸けながら散策する事も大切なんでごザリます・・・


まぁ暫くそうしてると疲れるのも結構早くてすぐに面倒臭くなったりしちゃうんですが・・・


その場合は懐中電灯の光の端っこの弱い光でゆっくりザリ影を探すとか、発見したらすぐにライトを消す等々、こちらの捕獲準備が整うまで刺激を与えない、逃がさない様に工夫する事も大切だったりいたしやす。。




最後にこれも重要!?

D現場では恥ずかしがるなっ!!

・・いい大人のアメザリ採集に照れはつきもの。。

子供に交じって恥ずかしい趣味とか、絶対に会社の人には見られたくないとか、堂々と人には言えないとかっ!!

・・・・・・・・・・


・・・・いえ、仰る通りなんです。。





・・・彼女なんかに言おうものなら、



なにそれ、きも〜〜い。。



何てこと言われるのが請け合いです・・・・




ザリ採集で一番の強敵はこの羞恥心かも知れません・・・

(;)



特に夜間の一人採集では職務質問ぐらい受けても仕方ありません・・・

がしか〜し、恥ずかしがって周りが気になっていては目の前の巨爪を逃がしてしまいますぞ・・・


・・・え?私達はどうなのかって?


( ̄ー+ ̄)ふふふ・・・




私達の心構えなんぞはもうその遥か上を超越しておりますぞっ。。


例えば・・・


新しいポイント開拓なんかをしていると・・・

よくバス釣りのお兄ちゃん達とも遭遇するんですが・・・



・・・彼らときたら、どうしてまぁあんなにお洒落なんですかね?

細くてつり上がったグラサン、蛍光色のド派手なキャップとジャケット。

またルアーなんかもシュンと投げたりして釣り方もスマートで見ててもカッコイいんですよ、ら。。



…その点私らときたら

ちょっと彼らイケメン軍団に対抗心なんかもあったりして・・・




えぇ、あれですよ、うん。

こちとら装備はタコ糸スルメ長靴・・・



バス釣りのお兄ちゃんがキメているすぐ横で・・・


タコ糸の先にぐっるぐる巻きにしたスルメを腕でブ〜ンブン振り回しながら・・・



キャストォーッ!!

なんてのを大声でやってるわけです…

( ̄ー+ ̄)ふふふ

…スルメですからせいぜい23mぐらいしか飛びません。。。


またそれにザリが掛かろうものなら…



フィーッシュ!!



きったぁっ!バイトッ!



…なんてのをやってるわけでして

( ̄ー+ ̄)

・・・ふふふ

と横目でそのお兄ちゃん達をチラリと横目で見てあげたりします・・・

「あ〜、やだなぁ〜、こっちは今日も爆釣よ〜、困ったナァ〜」

なんてブツブツ言ってあげたり・・・


・・・ふふふ

・・・始めは不思議そうに見ていたイケメン君達も次第に私達から離れて行きます・・・





・・・え〜、ゴホン。


羞恥心なんてのは微塵もごザリません。。

・・・いぇ、私達の様に恥ずかしさを更にバネに替える絶え間ない努力が必要なんですな・・・






とまぁ、エラそうな事ばかり申しておりますが。。




しばらく巨爪が捕れないと、落ち込んで我に返る事も多々ありでして・・・

俺達は何をやってるんだ・・・・・。。



土手でオッサン二人が夜空を見上げながら・・・




・・・・・俺らって・・・

が口癖だったりします。。。

|||ll ̄Ll|||





・・・・・おしまい。。